2012年、12月に公開が予定されているハリウッド版「忠臣蔵」、『47 Ronin』での主演が決まったキアヌ・リーブス。9歳から俳優としてのキャリアを積み、現在は国内外でのファンも多くいる彼の代表作といえば?

 キアヌ・リーブスの代表作、1位にランク・インしたのは《マトリックス・シリーズ》でした。《マトリックス・シリーズ》は1999年の『マトリックス』公開に始まり、後に続編、関連作品が公開されるなど大きな人気を博した彼の代表作。『マトリックス』はCGを利用した新しい映像技術においても話題となり、主役のネオを演じるキアヌ・リーブスが人気を確立した作品とも言えるでしょう。2位には《スピード》がランク・イン。この作品はアクション映画としては異例の約1億2,000万ドルの興行収入を記録し、その圧倒的な演出で多くのファンの心を掴みました。3位の《コンスタンティン》も今までにないファンタジーアクションの世界観を描いた作品。やはりキアヌ・リーブス、イコールアクション作品というイメージは強いようです。先日、新作映画『ヘンリーズ・クライム』のPRのために受けたMTVのインタビューにおいて自身の初監督作となるカンフー映画の構想について語っており、これからもアクションシーンで活躍する彼に大いに期待が持てそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:16483票
投票期間:2011/3/3〜3/24
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません