一生に一度の晴れ舞台である結婚式。とびきり素敵な思い出にするためにも、準備にはしっかりと取り組みたいもの。しかし結婚式の準備はやることが多く、とにかく大変という声もよく聞きますよね。そこで今回は彼に頑張ってほしい結婚式の準備を聞いてみました。

 1位には《親へのあいさつ》がランク・イン。「女性側の親に結婚の承諾を得る」という最初のステップだからこそ、彼に頑張ってほしいという女性の気持ちは強いよう。女性側としては自分の親を安心させるためにも、彼にはしっかりとした態度で臨んでもらいたいですよね。緊張が続く《親へのあいさつ》を和やかな雰囲気で終えるためのポイントは「話題」「お土産」「清潔な服装」なのだとか。中でも「話題」は人間性を見られる重要なポイント。事前に彼女の親の仕事や趣味などの情報を聞いておき、盛り上がれそうな共通の“話題”を探しておけば、当日の雰囲気も良くなり相手の親に良い印象を与えられそうです。そして《親へのあいさつ》での最大の山場といえば「男性が女性の親に結婚の了承を申し込む」ところ。テレビドラマなどでも描かれることが多いこのシーンでは「娘さんをください」というセリフを耳にすることも多いのですが、実はこのセリフ、 “物扱いされているみたいでイヤ”とあまり良い印象を持っていない女性も多いのだとか。重要な場面なので言葉選びには注意が必要ですね。続く2位は《両家の顔合わせ》。両家が集まる最初の場なのでなるべく和やかに過ごせるよう、彼に積極的に振舞ってほしいという女心があるようです。