人事異動で新たな場所でスタートをきる人、環境はかわらずとも新たなる目標をかかげて奮闘する人など、新年度という区切りを機に気持ちを入れ替えたという人も多いのではないでしょうか。新入社員をはじめ、後輩が増える先輩社員であればなおさら「仕事ができる人」というイメージでいたいもの。そこで仕事をサクサク進めるために有効なことについて聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《朝時間を活用する》でした。早起きは三文の徳といいますが、例えば早起きをしていつもより早く出社をすると、ラッシュに巻き込まれることもなく、通勤のストレスが軽減されます。さらに始業前のオフィスならば電話が鳴ったり、誰かに呼び止められたりすることもないため、仕事だけに集中できて密度の濃い時間が過ごせるようです。朝時間を活用し始めたら2位の《体調管理を徹底する》や3位の《書類の整理をする》なども自然と達成できて、まさに「仕事をサクサク進められる人」になっていた…ということもありえるので、トライしてみる価値はありそうですね。

 1日は24時間と誰にでも平等。そのなかでもさらに限られたビジネスアワーの中で、いかに効率よく仕事をするかという上手い時間の使い方もスキルの一つかもしれません。みなさんが思う、これは有効だったという項目は何位に入っていましたか?