日本人の自然・精霊崇拝から生まれたものと言われている「妖怪」という存在。よく知られている妖怪も多くは長生きをした動物、そして使い込まれた道具に関連しているのは皆さんもご存じですよね。そんな妖怪がもし現代の自分の家に姿を現すとしたら、一体どんな妖怪になるのでしょうか?

 多くの人が「こんな妖怪なら自分の家にいそうだな」と考えたのは、《妖怪パソコンフリーズ》。現代社会では欠かせないツールとなっているパソコンですが、誰しも一度くらいは原因不明のフリーズ現象に遭遇した経験があるはず。大量のソフトを同時に立ち上げていたわけでも、怪しげなホームページをのぞいていたわけでもないのにフリーズしてしまうと、つい「さては妖怪か!」なんてキョロキョロしてしまいますよね。

 2位の《妖怪目覚ましオフ》も、存在を感じる人が多い代表的な妖怪の1つ。重要なイベントがある日に限って現れるため遭遇率はさほど高くないようですが、精神的なダメージに関しては《妖怪パソコンフリーズ》とほぼ互角。怖い妖怪なのは間違いなさそうです。

 最も頻ぱんに遭遇しそうなのは、《妖怪リモコン隠し》や《妖怪ケータイ隠し》といったイタズラ好きの妖怪でしょうか。上位2つの妖怪に比べると被害は少なそうですが、長い時間を費やして探した結果、すぐそばに転がっていたなんてケースも多いため、腹立たしさにおいては良い勝負なのかもしれませんね。