子どもから大人まで根強い人気を誇るジブリ作品。そんなジブリ作品と言えば、ストーリーやキャラクターだけでなく、音楽が素晴らしいことでも知られています。そこで、サントラが好きなジブリ作品と言えば何か聞いてみました。

 1位は1989年に公開されて以来高い人気を誇っている《魔女の宅急便》。主題歌にはユーミンこと松任谷由美の『ルージュの伝言』と『やさしさに包まれたなら』が起用され、映画とともに大ヒットしました。現在でも金曜ロードショーで度々放送されていることからもこの映画の人気がわかりますね。2位はジブリ作品の代表作とも言える《となりのトトロ》です。ほのぼのとした映画にピッタリの音楽が使われており、中でもオープニング曲である『さんぽ』は童謡としても知られており、子どもたちの遊戯曲として使われていることも多いようです。3位は《天空の城ラピュタ》。現在では合唱曲としても歌われている主題歌『君をのせて』は、卒業式の定番ソングにもなっているのだそう。
 今年7月には映画『コクリコ坂から』の公開を控えているスタジオジブリ。映画のストーリーはもちろん、どんな音楽が使われるのかも今から楽しみですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:21579票
投票期間:2011/1/26〜2011/2/16
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません