1960年代にビートルズのメンバーとして世界的人気を得て、1970年のビートルズ解散後もソロとして活動を続けたジョン・レノン。未だ世界中に多くのファンがいるジョン・レノンの曲の中で好きなソロ曲といえば何?

 1位は圧倒的な支持を受けた《イマジン》。イギリスで1971年に発売され、“平和”を望むという強い気持ちが込められたこの曲。ボン・ジョヴィやアヴリル・ラヴィーン、桜井和寿や桑田圭祐など多くのアーティストからカヴァーされ、未だに世界中で歌い続けられています。2位にはクリスマスの定番ソングとも言える《ハッピークリスマス》がランク・イン。これはジョン・レノンとオノ・ヨーコの楽曲で、ただのクリスマス・ソングではなく“争いを止めよう”という2人のメッセージが込められています。
 秀逸なメロディーとメッセージ性のある歌詞と共に多くの名曲を残したジョン・レノン。彼が亡くなって30年以上たった今、改めてジョン・レノンが曲を通して訴えていた“平和”というメッセージについて考えてみたいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:6379票
投票期間:2011/1/27〜2011/2/9
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません