日本放送協会——NHKが所有する教育番組を主体とした放送局といえば、ご存じ「NHK教育テレビジョン」。総務省がNHKを所管している事もあり、どこかお堅いイメージを抱いている人も少なくないと思いますが、意外にも民放でおなじみの人気お笑いタレントが出演している番組が多いことをご存じでしょうか?

 特に意外に思えるのは、『高校講座ベーシック10』に出演している人気お笑いコンビ「オードリー」の《春日俊彰》と《若林正泰》。番組は高校生が中学までの学習を学び直す事を目的としたもので、《春日俊彰》がツケヒゲ姿で校長役を、《若林正泰》が先生役を演じています。まじめな教育番組でありながら、ドラマやラップなど、バラエティ番組を見ているかのように楽しめるところがお薦めです。

 2005年に開催された「愛・地球博(2005年日本国際博覧会)」のマスコットとして活躍したモリゾーキッコロと共に自然について学べる番組『モリゾー・キッコロ 森へいこうよ!』で進行役を務めているのは、お笑いコンビ「キャイ〜ン」の《ウド鈴木》。番組のお笑い要素は控えめですが、達人たちにさまざまな事を学びながら自然とのふれ合いを楽しんでいる彼の姿を見ると、「意外にこういう番組に適役かも……」なんて思ってしまいます。

 女性陣では、小学生向けの番組『読み書きのツボ』に出演している《光浦靖子》に注目したいところです。番組内では「クイズ読み書きのツボ」の解答者として、《パペットマペット》と共に登場しています。実は東京外国語大学出身というお笑い界きってのインテリですが、そんな彼女が子供たちとドリルやゲームに悪戦苦闘している姿は、なんだかとても微笑ましいですよね。