フジテレビの月曜夜9時から放送され、旬な俳優陣が出演するなど数々の高視聴率ドラマを生みだしてきた「月9」枠。90年代前半の「月9」ドラマから生れたヒット曲の中で特に思い出深い主題歌といえば?

 1位は《ラブ・ストーリーは突然に》。90年代を代表するドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌としておなじみです。小田和正のソロ6枚目のシングルとなったこの曲は、1991年のオリコン年間シングルチャートの1位を獲得する大ヒットとなりました。この曲を聴くだけで『東京ラブストーリー』のシーンを思い浮かべてしまう……というアラフォー世代は多いのでは? 2位はCHAGE&ASKAの《SAY YES》。武田鉄矢と浅野温子の共演が話題を呼んだ『101回目のプロポーズ』の主題歌として大ヒットし、300万枚以上を売り上げました。1位の《ラブ・ストーリーは突然に》と同じ1991年の発売で、オリコン年間シングルチャートの2位を記録。月9の主題歌が年間のオリコンチャートの1位と2位を占めており、90年代の「月9」主題歌の勢いのすごさを物語っています。
 3位以下も『あすなろ白書』の主題歌としてヒットした《TRUE LOVE》や『ひとつ屋根の下』の主題歌の《サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜》など、時代を超えて愛されている楽曲がズラリと並びました。あなたにとって、月9の主題歌として思い出深い曲は何位にランク・インしていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:32162票
投票期間:2011/1/17〜1/30
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません