羽田空港の国際化や円高が続いていることから、今年の海外旅行者は増加傾向にあるとの予測がなされているそう。海外旅行に行くならガイドブックや電子辞書など持っていきたい荷物はいろいろあるけれど、今や携帯電話が一つあれば海外でも色々なアプリが使える時代。そこで今回は、海外で使える便利なアプリについて聞いてみました。

 1位は《地図》。ただでさえ慣れない海外での移動は緊張してしまうものなのに、さらに道に迷う…なんて失敗はできれば避けたいもの。そんなとき携帯電話で《地図》をチェックできれば安心です。「モバイル Google マップ」などが自分の渡航先のエリアで使えるかどうか調べておけば、現地でお目当てのお店に行けなかったという失敗もなくなるかも!? 2位は《翻訳》。中学・高校で英語を習ったとはいえ、実際に英語を喋るのは苦手という人も多いのでは? たとえば「Voice Translator」という《翻訳》アプリなら、日本語でしゃべるだけで20カ国の言語を《翻訳》してくれるそう。気軽に現地の人とコミュニケーションを取ることができれば旅行がもっと楽しくなりそうです。体調を崩したりけがをしたり…という予期せぬトラブルに巻き込まれてしまっても、《翻訳》アプリがあると思えば安心かもしれません。

 《天気予報》や《旅行者の口コミ》など、海外にいながらいつものようにその場で色々な情報が得られる便利な時代になりましたが、そうはいっても気になるのは海外でのパケット料金。これまでは使えば使っただけの支払いが必要でしたが、NTTドコモの「海外パケ・ホーダイ」ならどれだけ使っても1日の上限が1480円(2011年3月31日まで)と決まっているので、海外でも気兼ねなくパケットが使えます。旅先での疑問も“クチコミ情報”で解決できて、“現地特派員”によるおススメ情報も期間限定で配信中。今なら「海外楽しみホーダイキャンペーン」で海外でケータイを使うとステキなグッズもGETできるので、ぜひチェックしてみては?