新卒組の就活シーズンもいよいよ本格化。学生の皆さんは企業訪問に説明会にと連日大忙しなのではないでしょうか? 今年1月に厚生労働省文部科学省が今春卒業する大学生の就職内定率が過去最低の68.8%であった事を発表し話題となりましたが、実際にはさらに厳しい数字だという話も……。そんな厳しい時代だからこそ、就活の準備はぬかりなく行っておきたいですね。

 業種を問わず、どこの企業を訪問するときにも必須の就活アイテムといえば、もちろん《リクルートスーツ》。面接官に「身なりがちゃんとしていないし、だらしがない人間なのでは?」なんて思われないように、華美にならずセンスを感じさせるものを選んでおきましょう。2位には《靴・カバン》がランク・インしていますが、やはり就活においては面接官の印象というのが非常に重要であることがよく分かりますね。

 スケジュールを管理するための《手帳》や《時計》も絶対に欠かせないアイテムの1つ。1社に絞り込んで一発勝負という時代ではないだけに、複数の企業のOB訪問や面接のスケジュールをしっかり管理しておくのも重要な就活テクニックですよね。

 近年の就活において重要度がこれまで以上に高まっているのが「情報戦をいかに制するか」です。日頃の情報収集に《自宅のインターネット環境》が必要不可欠なのは言うまでもありませんが、外出中も《スマートフォン》や、《ノートパソコン》と「光ポータブル」のようなポータブルルータの組み合わせを携帯しておけば、いつでもどこでも最新の情報を小まめにチェックできます。また紙でもらった案内や各種の書類はスキャンしてクラウドサービスEvernote」にアップロードしておけば、外出先からもチェックできて便利です。

 近年は多くの企業や就職情報専門サイトがインターネットで情報発信を行っていますが、就活の情報戦でライバルに遅れをとらないようにしたいという人は、ぜひ特集「できるオトコのネット活用術」を参考にしてみてくださいね。