昔から「女性は男性よりもしたたか」だと言われています。実際にしたたかかどうかは性別よりも個性によるところが大きいとは思いますが、日常のさまざまな場面で女性のしたたかさが目に付きやすい傾向はあるかもしれませんね。

 そんな女性ならではのしたたかさとして多くの人が挙げているのは、《異性の前と同性との前での声が違う》ところ。声は自分が思っている以上に、印象を大きく左右するものです。特に男性は女性からかわいらしい声で話しかけられると、反射的に心理的なガードを下げてしまう傾向があるのではないでしょうか。その効果を最大限に活用し見事に使い分ける女性は、やはりしたたかな生き物なのかもしれません。

 続いて多かったのは、《自分のキャラを作るのが上手い》女性でした。自分のキャラクターを作る、というのは女性に限らず男性もやっていることですが、やはり女性の方が一枚上手。《お酒に弱いふりをする》女性や《「天然」を売りにする》女性に、男性がいいようにだまされている姿を見ると、《自分のキャラを作るのが上手い》というのも随分真実味を帯びているような気がします。

 このほか、《自分よりカワイイ子は合コンに呼ばない》や《嘘泣きが得意》などが上位にランク・インしました。男性からすれば、どれも「そうそう」とうなずいてしまうものばかりですが、「こんな事をするのはしたたかな女性」とわかっていてもまただまされてしまうのは、何とも不思議なものですよね。