2月14日は聖バレンタインデー。日本では、この日に女性が好意を持つ男性にチョコレートを贈るというスタイルが定着しているのは皆さんもご存じのとおりですね。しかし、世の男性すべてがこのバレンタインデーを幸せに過ごせるわけではありません。誰からもチョコレートをもらえるあてのない「負け組」にとって、この日を迎えるのはとてもつらいことでもあるのです……。

 「負け組」の男性に見られる特徴は実にさまざまですが、特に多いのは《「俺甘い物苦手だし」と聞こえるようにつぶやく》男性。チョコレートをもらえない悔しさから負け惜しみを言ってしまう気持ちは分かりますが、その姿は周囲から見れば哀れの一言。また「甘いものが苦手」と宣言してしまっては、今後あなたに好意を持つ女性が現れた時にチョコレートをもらえる機会をつぶしてしまいます。

 見ている人がせつなくなってしまうという点では、1位以上なのが《帰宅時に自分でチョコを買っている》男性でしょうか。バレンタインの時期に販売されているチョコレートを食べたいだけの甘い物好きという可能性は否定できませんが、多くの人がその姿を見て何を想像するかは言うまでもないこと。「プレゼント用に包んでください」と言えば確定ですが、そんな時はそっと目線を外して立ち去るのが優しさです。

 このほか学校関係では《何度も机の中やげた箱を確認する》や、《モテる男子からチョコをおすそ分けされている》などが「負け組」の特徴として挙げられていますが、こんな姿を女性に見られるのは自分の株を下げるだけ。何も語らず、気にする様子を見せず、いつもどおりにこの日をやり過ごすのが一番ではないでしょうか。