旅の楽しみといえば美しい風景や観光名所めぐりなどいろいろありますが、やっぱり外せないのがその土地ならではのおいしい食事。日常生活を離れた場所では、電車などの移動時間も旅の一部。そこで食べる「駅弁」を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。そこで、毎年恒例の好きな全国の有名駅弁について聞いてみました。

 1位は不動の人気を誇る《いかめし》。毎年、新宿の京王百貨店で開催される「有名駅弁と全国うまいもの大会」で40回以上も売上個数第1位に輝いたことのある《いかめし》は、まさに有名駅弁の代表格。イカにうるち米ともち米を詰め、秘伝のたれで味付けしたシンプルなお弁当ながら、その味は多くのファンをとりこにしています。500円という手ごろな値段もその人気を後押ししているといえそうです。2位は《かにめし》。全国にいろいろある《かにめし》の中でも特に人気が高いのが50年以上の歴史を誇り、北海道長万部駅で販売されている「かにめし本舗かなや」の《かにめし》。最近ではその人気を受けて冷凍の「かにめし」をインターネット販売しており、現地に行かなくても《かにめし》を味わうことが可能です。

 富山県の《ますのすし》、群馬県の《峠の釜めし》、奈良県の《柿の葉寿し》など、全国の人気の駅弁がズラリと並んだ今回のランキング。中には現在開催中の「有名駅弁と全国うまいもの大会」に出品されているものもあるので、気になる人は足を運んでみてはいかがでしょうか。