寒さも一層厳しくなり、鍋のおいしい季節がやってきました。様々な具材を入れて自分好みに仕上げられるのが鍋の魅力ですが、シメの一品の種類の豊富さも楽しみのひとつ。皆でわいわい鍋をつついた後、あなたがシメで入れるならどれ?

 人気が集中したのは、1位の《ごはん》と2位の《うどん》でした。インターワイヤードの調査によると、約4割の人が冬に週1回以上鍋料理を食べるのだとか。女性にとっては「簡単に出来る」ことが鍋料理の大きな魅力となっており、刻んだ具材を入れるだけで「トマト鍋」や「カレー鍋」などバラエティー豊かな鍋を楽しめる市販のスープを利用している人も多いようです。残ったスープに《ごはん》を入れて雑炊にできるなど、簡単な調理法で無駄なく最後まで味わうことができるのも鍋料理のいいところ。 gooランキングの「冬に食べたくなる鍋料理ランキング」では1位に《キムチ鍋》、2位に《すき焼き》が選ばれており、3位には《しゃぶしゃぶ》がランク・イン。《キムチ鍋》と《すき焼き》のシメには《ごはん》、《しゃぶしゃぶ》は《うどん》でシメるなど、鍋の種類によってシメの一品を変えるという人も多いかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:16783票
投票期間:2010/11/22〜12/6
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません