今年も残すところあと少し。大掃除や年賀状書き、忘年会など色々やることがあってお正月まで大忙し、と言う人も多いかもしれませんが、そんな慌ただしい中でも「年末だなぁ」としみじみ感じる瞬間があるはず。みなさんはどんな時に年末を感じますか?

 1位に選ばれたのは《紅白歌合戦をみている時》。『紅白歌合戦』は今年で61回目を迎えますが、紅白初の試みとして公式キャラクターが登場したのだそう。その名も「ウタ♪ウッキー」。このキャラクター、サルではなく“歌の妖精”とのこと。身長はマイク10本分ということですから、意外に大きいことが分かります。番組放送中に繰り広げられる「ウタ♪ウッキー」の活躍ぶりにも注目です。

 2位は、《正月飾りを売っているのをみかけた時》。近年の正月飾りは12月26日から30日の間に飾られることが多いのだそう。不浄を断つため飾るしめ縄やしめ飾りも人気ですが、近年は旧式のものだけでなく、時代のニーズに合った大きなピンクリボンが付いた洋風デザインのものまであるそうです。3位には《年賀状を書いている時》がランク・イン。最近では郵便葉書の年賀状だけでなく、携帯やパソコンから住所が分からない人にも年賀状が送れるサービスもあります。年賀状を送る楽しみをさらに味わいたいなら、人気俳優の向井理や女優・磯山さやかなどの有名人に年賀状を送り返事がくるという、博報堂アイ・スタジオの有名人年賀状サービスを利用してみるのも良さそう。

 忙しさの中で感じてきた年末ももうすぐ終わり、2011年はすぐそこに来ています。ランキングと共に、今年をゆっくり振り返ってみてはいかがでしょうか。