寒さが厳しくなり、空気も乾燥しがちなこの季節に風邪をひいてしまったという人も多いのでは。寒気や体のだるさなど風邪の前兆は人によって様々かもしれませんが、あなたの風邪の症状はどこからあらわれますか?

1位は《のどの痛み》でした。ウィルスや細菌などの病原体がのどに侵入すると、炎症を起こしてのどの痛みや腫れに繋がるのだとか。風邪が悪化してのどが腫れあがるとご飯を食べるのも辛くなり、憂鬱な気分になりますよね。病院で処方箋をもらうのが一番ですが、他にもお茶でうがいをしたり、ねぎを首に巻いたりするなどの民間療法も有効なようです。2位には《鼻水》、3位には《鼻づまり》がランク・イン。《鼻水》や《鼻づまり》の症状が重くなると、頭がぼんやりして仕事や勉強になかなか集中できなくなるという人も多いのでは。《鼻水》を止めようとティッシュで鼻をかむ時は、鼻の両側を押さえてしまうのではなく、片方ずつかむのが正しい鼻のかみ方なのだそう。両方いっぺんにかんでしまうとウィルスの逃げ場がなくなって鼻の奥にウィルスが入り込んでしまう場合もあるといわれています。
辛い風邪の症状に悩まされないよう、なによりも日ごろからうがいや手洗いを心がけたいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17389票
投票期間:2010/11/14〜11/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません