スーパーに行くとそこまで必要ではないのについつい買ってしまう“買いだめ”食品ってありますよね。みなさんはどんな食品を常備していますか?

 1位は価格も手ごろで種類が豊富な《お菓子》。人気の《お菓子》や期間限定の《お菓子》などは、特に買いだめしてしまう人が多いのではないでしょうか。賞味期限が比較的長い《お菓子》はおやつとしてだけでなく、非常時の備えにもなるものも。保存期間が3年間と長いサクマ製菓の非常災害用ドロップスのような商品も登場しています。2位には《インスタント食品》がランク・インしました。便利で簡単に食べられる《インスタント食品》と言えばインスタントラーメン。日本即席食品工業協会が運営するサイトによると、一年間に全世界で消費されたインスタントラーメンの数は915億食にものぼるのだそう。インスタントラーメンの全てが分かるこのサイト内には、袋めん1食分をつなぎ合わせるとおよそ50メートルにも及ぶといったおもしろ情報が満載です。3位は《冷凍食品》。冷凍食品を多く提供しているニッスイの調査によれば、《冷凍食品》の魅力は買い置きができることや調理の手間が省けること。他にも、「旬の味を一年中食べられる」といったメリットもあるようです。安売りの時はたくさん買いだめをしてしまいがちなこれらの商品ですが、お財布とよく相談し、必要性を考えて上手にお買いものをしたいものですよね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:11385票
投票期間:2010/ 11/11〜11/25
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません