一日が終わり着替える時に解放感を感じる人もいるはず。身に着けていた衣類が体に食い込んで一日中不快感を味わっていた日は、その解放感もなおさらではないでしょうか。そこで今回は体に食い込んで痛いもののランキングです。

 1位は《ブラジャー》。以前行った「オーダーメイドしたい衣類ランキング」で《ブラジャー》が2位にランク・インしていることからもわかるように、多くの女性がブラジャーのサイズが自分に合っていない、と感じているようです。下着メーカーのワコールによるとブラジャーが“体に食い込んでいる”のはサイズが合っていない証拠だとか。正しいサイズの下着を身につけるかどうかで5年後、10年後の体形に大きな差が出るという研究結果も出ているようなので、気をつけたいところです。2位は《スカート/ズボン》。おなか周りはサイズが一番変化する部分と言われているのに加え、ここ数年のスキニージーンズやレギンスなどの細身なボトムスの流行が2位の原因ではないでしょうか。
 衣類などによる体の締め付けは血液の流れを悪くし“冷え性”や“むくみ”の原因の一つと言われています。下着や衣類を買う際にあまり試着をしないという方も、これからは自分に合ったサイズのものを身につけて不快な“食い込み”から抜け出してはいかがでしょうか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13346票
投票期間:2010/11/11〜11/25
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません