映画やドラマでは役のイメージにピッタリなキャスティングが成功の鍵を握ることがありますが、時に意外なキャスティングが面白さにつながることもありますよね。そこでイケメンなのにちょいダサ役を演じたら光りそうな俳優について聞いてみました。

 ランキングの1位は《松山ケンイチ》。「演技の幅が広いと思う若手俳優・女優ランキング」でも堂々の1位となり、その演技力には定評があります。そんな《松山ケンイチ》が、来年スクリーンの中で演じるのが鉄道ファン。5位にランク・インした《瑛太》と映画『僕達急行〜A列車で行こう〜』で共演し、二人は少々イケていない「鉄っちゃん」演じるのだとか。イケメンなのに鉄っちゃんというというギャップに思わず観たいと思ってしまった人もいるのでは?
 続く2位には《二宮和也》がランク・イン。先月公開された映画『大奥』では美男子を演じている《二宮和也》ですが、コミカルな役からシリアスな役までこなす演技の幅の広さで、ちょいダサな役も見事に演じられそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:35647票
投票期間:2010/10/24〜10/31
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません