今年10月、羽田空港に新国際線ターミナルがオープンし、海外旅行がますます便利で身近になりました。海外旅行中は和食が恋しくなることもありますが、日本に戻ってまず食べたくなる和食メニューといえば何?

 1位は、日本の食文化で主食として外すことができない《白米》。「普段からお金をかけている食材ランキング」でも米が1位になっており、お米にこだわりのある人は多いよう。海外での食事を楽しみに旅に出かけることもありますが、パンや麺などお米以外のメニューが続くとなぜか《白米》が恋しくなるもの。海外旅行から帰ったら、もちっとして甘い日本の《白米》をまず食べたいと思う人は多いようです。
 2位にランク・インしたのは《お味噌汁》。日本で《お味噌汁》が庶民の食卓に登場したのは室町時代ともいわれているそうですが、《白米》同様日本の食卓には欠かせないメニューの一つ。日本に戻ったら家族が作るいつもの《お味噌汁》を食べたくなるものなのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9449票
投票期間:2010/10/6〜10/20
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません