タレント・つるの剛士が雨天の中「第4回タレントフィッシングカップ2010」を開催。当日は《哀川翔》ら釣り好きのタレントが約30名集まってシーバス釣りを楽しんだのだとか。釣り好きで知られる芸能人はたくさんいますが、釣りが一番似合う男性芸能人は誰?

 1位の《松方弘樹》は芸能界きっての釣り好きとして有名です。釣り歴50年超えを誇る松方は、過去にアメリカのボストン沖で約400キロの大物を釣り上げた経験があるのだそう。山口県の見島で行われる「萩クロマグロトーナメント」では2年連続で300キロを超える特大クロマグロを釣り上げて優勝。松方が新記録を出すまでは50キロが最高記録だったというのだから驚きです。2位には《西田敏行》がランク・イン。1988年にシリーズがスタートした映画『釣りバカ日誌』の主演を務めていた西田。万年ヒラ社員だけれど、茶目っ気のある主人公・ハマちゃんとスーさんのドタバタ劇が人気を集めていましたが、昨年公開された『釣りバカ日誌20 ファイナル』で多くの人に惜しまれながらシリーズは終了しました。
 仕事や日常の喧騒から離れてのんびりと一つのことに集中できる釣りは、あわただしい世界に生きる芸能人たちにとって最高のリフレッシュの時間といえるのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:18437票
投票期間:2010/9/27〜10/4
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません