インターネット上で単純な作業などを自動的に行うプログラム「bot(ボット)」。botには情報を収集するだけのものや、スパムを大量に流すものなどさまざまなタイプがありますが、今人気のサービス「Twitter(ツィッター)」では自動的にアニメや漫画の名言を投稿する「名言bot」が人気を集めています。

 そんな名言botの中でも特に人気が高いのが《スラムダンク名言ボット》です。高校のバスケットボールを題材にした名作漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の名言を投稿するだけでなく、botのアカウント宛にメッセージを送ると名言で励ましてくれるという、何ともファンにはうれしい反応をしてくれます。

 続いての人気は、高橋留美子の漫画『うる星やつら』からセリフを抜粋して投稿する《うる星やつらbot》。原作は1987年に連載を終了していますが、20年以上が経過した現在でも多くのファンがセリフの投稿を楽しみにしているというのは驚きですよね。ちなみに高橋留美子作品のbotとしては、これ以外にも同じbot制作者による《らんま1/2bot》や《めぞん一刻bot》があります。いずれも今回のランキングで上位入りを果たしており、高橋留美子作品のファンがいかに多いのかがよくわかります。

 現在も連載が続けられている漫画作品では『美味しんぼ』のセリフを30分おきに投稿する《美味しんぼ名言BOT》が人気です。こちらは原作漫画が1983年から27年も続いているだけにセリフのネタが豊富で、バラエティーに富んでいます。ただし、bot制作者によると少々「下ネタ」成分は高めとのこと。フォローを考えている方は事前にどんなセリフが投稿されているのかよくチェックしておきましょうね。