楽天が社内の公用語を英語にするなど、もはやビジネス上で英語は必須ともいえますが、必要に迫られて英語の勉強を始めても長続きしないという人は多いのでは。そんな三日坊主な人でも、有名人が教えてくれたら勉強がはかどるかも。あなたが英語を教えてほしい有名人は誰?

 1位は《関根麻里》でした。ロゼッタストーン・ジャパン株式会社の調査によると、「英語が話せるかっこいい女性有名人は?」という質問に対して最も多くの人が《関根麻里》と回答したそうです。英語だけでなくスペイン語も得意だという彼女は、アメリカのエマーソン大学に進学し、わずか3年後に首席卒業したのだとか。持ち前の語学力と知性の高さが評価されて数々の語学番組に出演し、英会話に関する書籍やDVDを出している関根。ハリソン・フォードレディー・ガガなど海外セレブへのインタビュー経験も豊富で、英語力の高さを活かして活動の幅を広げています。2位には《セイン・カミュ》がランク・インしました。バイリンガルタレントとして、語学番組だけでなく数々のバラエティー番組で活躍してきたセイン。近年は3人の子どもを持つ「イクメン=育児を積極的に楽しむイケてる父親」として講演活動を行っており、今年の9月末には三省堂より『ザ・イクメン』を出版しました。

 昔は英語が得意な有名人は珍しかったかもしれませんが、今では留学経験のある有名人は少なくない様子。バイリンガルタレントだけでなく、トリリンガルタレントやハーフ、外国人タレントも多く見かけるようになり、ビジネス界だけでなく芸能界もグローバル化しているといえるかもしれません。