12月4日に公開される映画『武士の家計簿』で堺雅人が仲間由紀恵と共演。加賀藩の御算用者(経理係)を代々務める下級武士一家が幕末の時代を慎ましく生き抜く姿を描いた物語なのだそう。大河ドラマ出演経験もある堺の侍姿が気になる本作品ですが、侍役が似合う俳優といえば誰?

 ランキングの上位を占めたのは大河ドラマ出演経験がある俳優陣でした。1位の《福山雅治》は今年の大河ドラマ『龍馬伝』に出演。坂本龍馬役として見事な演技を見せ、圧倒的な存在感で多くの人々を惹きつけています。2位には《妻夫木聡》がランク・インしました。昨年の大河ドラマ『天地人』で大河ドラマ初出演を果たした妻夫木。『天地人』以前にもフジテレビ系単発ドラマ『忠臣蔵1/47』や浅田次郎原作の映画『憑神』で侍役を務めており、侍姿が板についてきた様子。大河ドラマ初出演で高い評価を得た後は今年公開された映画『悪人』で殺人犯役を演じるなど、着実に演技の幅を広げているようです。3位の《堺雅人》も2004年に出演した大河ドラマ『新選組!』の山南敬助役で一挙に知名度を上げ、その後も様々な映画やドラマに出演を重ねて人気を博しています。
 大河ドラマで侍役を演じることは今や売れっ子実力派俳優にとって絶対不可欠な通り道といえるかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:22121票
投票期間:2010/9/19〜9/26
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません