大人にも子どもにも人気のお菓子「じゃがりこ」が今年で15周年を迎えました。定番の「サラダ」、「チーズ」、「じゃがバター」味にプラスして、名産物を使用して作られたご当地じゃがりこがあるのをご存知ですか?

 今回、「食べてみたいご当地じゃがりこ」を調べてみたところ、1位に選ばれたのはほんのりピリ辛な《明太子》味でした。福岡の名産物明太子をイメージした商品で、パッケージも明太子容器に似せて作られており、木目の箱の窓からはリアルな明太子が顔をのぞかせています。2位には北海道のお土産として考案された《とうきびバター》味がランク・インしました。《とうきびバター》は生地にとうきび(とうもろこし)の粒を練りこんで仕上げられており、ほんのりバター風味がするのも特徴の一つです。3位には東海の手羽先をイメージして作られた《手羽先》味が選ばれました。ピリッと旨辛胡椒味でスパイシーな味わいがクセになるおいしさの《手羽先》味。ビールのつまみとしてもおいしいかもしれませんね。
 現在は15周年を記念して「じゃがりこ感謝のキムチ味」が期間限定で販売されています。生地に練りこまれた唐辛子の赤いつぶつぶが見た目にも楽しく、あとひく辛さのキムチ味。コンビニエンスストアでは9月中旬、それ以外の店舗では11月中旬に販売が終了されるそうなので、なくなる前にあなたもぜひ食べてみてはいかがですか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:14034票
投票期間:2010/9/5〜9/19
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません