今年6月に公開され日本中に衝撃を与えた映画『告白』がアカデミー賞「外国語映画賞」の日本代表に決定。復讐に燃える女教師を松たか子が演じ話題になりましたが、今までで一番松たか子がハマっていたなぁと思う作品は?

 1位から3位にランク・インした《HERO》、《ラブジェネレーション》、《ロングバケーション》のいずれにおいても松たか子は木村拓哉と共演しており、フジテレビ系の月9枠で木村と松が共演をすればヒット間違いなしといえるかも。1位の《HERO》で松は木村演じる型破りな検事・久利生公平に振り回される検察事務官役を務めました。恋愛要素は少ないものの、個性豊かな登場人物と弱者のために戦う久利生たちの胸のすくようなストーリーが多くの人々の心を掴み、関東地区で平均34.2%という驚異の高視聴率を記録しています。2位の《ラブジェネレーション》ではお堅い検察事務官役から一変し、広告代理店に務める典型的な「腰掛けOL」を演じた松。今年の12月にはNHKのスペシャルドラマ『坂の上の雲』の第2部に出演予定で、来年頭にはシェイクスピア作の舞台『十二夜』で双子の兄妹の二人一役に挑戦するのだそう。より一層演技の幅を広げていく松に大注目です。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:25956票
投票期間:2010/9/10〜9/17
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません