10月22日に公開予定の『雷桜』で岡田将生が蒼井優と共演。日本版「ロミオとジュリエット」といわれるこの作品で、岡田は蒼井演じるヒロインとの身分違いの恋に悩む男・斉道を演じるそうですが、岡田の代表作といえば何?

 1位にはフジテレビ系ドラマ《オトメン(乙男)》がランク・イン。正義感が強く、剣道部のエースであるという男らしい一面がある一方で、料理や裁縫が得意な「乙女の心を持った日本男児=オトメン」を演じ、岡田はドラマ初主演を果たしました。2位に選ばれたのは昨年公開された映画《僕の初恋をキミに捧ぐ》。20歳までしか生きられないという運命を知りながらもヒロインを一途に愛し続ける垣野内逞を演じ、多くの人々の涙を誘いました。
 アカデミー賞外国語映画賞に出品された『告白』や、主演女優の深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞に輝いた『悪人』など、今年も話題作に引っ張りだこの岡田。もはや日本の映画界には欠かせない若手俳優だといっても過言ではないかも!? 2011年には岡田が出演する『プリンセス トヨトミ』が公開される予定で、出演作が軒並み高い評価を受けている岡田だけに、今回の映画にも期待できそうです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17348票
投票期間:2010/9/1〜9/8
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません