かわいいけれどしつけが大変な飼い犬。家族の一員として私たちを癒してくれるペットですが、犬たちのしつけであなたが一番大変だと思うことはなんですか?

 今回、1位に選ばれたのは《トイレ》のしつけでした。子犬の場合1〜2時間おきにトイレに行きたくなるそうですが、この段階で《トイレの》しつけをきちんと教え込むことが犬と人間が良好な関係を築く上で重要と言えます。教え方のポイントは、きちんとトイレができた際に褒めることと、トイレ以外の場所でオシッコやウンチをしてしまった際にはその場ですぐに叱ることなんだとか。続いて2位には《無駄吠え》がランク・イン。通行人や車などに大声で吠え、相手を不快な気持にさせる犬の無駄吠え。飼い犬の無駄吠えがご近所さんに迷惑をかけていないか心配になったことはありませんか? 犬が鳴く理由は、人恋しさで鳴く場合や餌が欲しくて鳴く場合、そして玄関のチャイムの音に反応して鳴く場合など様々です。うるさいからとすぐに叱るのではなく、「犬が何かを要求しているのかもしれない」と犬の視点で考えてみることが、犬との絆を深める結果につながります。
 犬のしつけのポイントは、生後20日頃からの犬をとりまく生活環境と生後2〜4カ月までの正しいしつけ方で決まるのだとか。人間もペットもお互いに安らげる環境を作るためにも、幼いころからきちんとしつけておくことが大切だと言えそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9251票
投票期間:2010/8/17〜8/31
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません