ケータイを肌身離さず持つようになった、友達と遊ぶという理由でのデートのドタキャンが多くなった——恋人とのやり取りの中で「おや?もしかして……」と浮気を疑ってしまう経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。そこでこれは怪しいという「浮気を疑ってしまう相手の行動」について聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《一緒にいても誰かにメールをしている頻度が増えた》でした。ケータイを離すことなく、返信したと思えばすぐに誰かからのメール着信が……。まるでチャットのように頻繁なやり取りをする姿は、浮気をしているのでは? と怪しまれても仕方のないことかもしれません。恋人と一緒にいる時にメールをするならば、誰とどんな内容のやりとりをしているかなど、誤解をされないような配慮を心がけたいものですね。

 続いて2位には《連絡のつかない時間が増えた》でした。付き合い始めからずっとマメだったのに、ある時を境にメールをしても返信がない、電話をしても出ないなど明らかに連絡が減るような事態になれば、誰でも浮気を疑ってしまいそう。3位の《携帯電話を隠す/見せてくれない》や4位の《話のつじつまが合わないことが増えた》など、わかりやすい行動の変化は浮気の疑いをかけられる要素といえそうです。

 一方的に浮気を疑うのもいいことではありませんが、恋人をそんな気持ちにさせてしまう行動には注意を払うことが必要と言えそうです。みなさんがこれは!という「浮気を疑ってしまう相手の行動」は何位にランク・インしていましたか?