就職活動で最大の難関と言えば採用面接。「この瞬間に自分の将来がかかっている」と思えば誰でも緊張してしまうものですよね。面接官が感じの良い人であれば、緊張もいくらか和らいで自分の考えをスムーズに伝える事ができるのですが、相手のさまざまな面を引き出すために意地悪な対応をするのも面接官のテクニック。現実というのはなかなか厳しいものですよね。

 そんな面接官の対応の中でも、最も嫌がられるのは《「で?」しか言わない》。こちらがいくら精いっぱいのアピールをしても、「それがどうしたの?」なんて返されてしまっては、そこから話を広げていく事も、話を打ち切る事も難しいですよね。対応力を試されているのかもしれませんが、豊富な話題を持っている人でも次の言葉を選ぶのにちゅうちょしてしまいます。

 面接官のテクニックというよりも人間性の問題という気がしますが、《ガムを噛んでいる》面接官も嫌なものですね。採用面接という受ける側にとっては今後の人生を左右する重大な場で、何かを口にしながら発言するのはとても失礼です。今後会社を支えてくれる存在になる可能性を持った相手をこのような態度で迎える企業への就職は、再考した方が良いかもしれません。

 また、圧迫面接によって《人の今までの人生を全否定してくる》面接官を嫌う人も多いようですね。圧迫面接自体は相手の対応力を探るためのテクニックの1つですが、最初から最後まで通して使うのには問題も多く、使いどころが難しいものです。人生をすべて否定されてなお「この会社に入りたい」と思う人がいるかどうか、面接官にもそこまで考えて発言してもらいたいですよね。