豪華なお笑いタレント陣のギリギリのトークが人気を集めている日本テレビ系バラエティ番組『しゃべくり007』。昨年に続き今年の24時間テレビでも深夜の時間帯に約6時間に渡り生放送を行い視聴者を楽しませてくれましたが、『しゃべくり007』で一番いい味を出しているのは誰?

 1位は人気お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の《有田哲平》でした。相方の《上田晋也》は司会を務めることが多く番組の進行に欠かせない存在であるのに対し、有田は番組内で嫌いな先輩を告白したりゲストにきわどい質問をしたりするなど番組のスパイス役。TBS系『むちゃぶり!』やテレビ東京系『アリケン』など台本のない番組でのアドリブにも長けており、一歩間違えればグダグダになってしまうような独特の空気感を作れるのは有田の魅力と言えるかも。2位には「ネプチューン」の《名倉潤》がランク・イン。『しゃべくり007』内では「くりぃむしちゅー」の上田と共に司会を務めることが多く、番組のご意見番として活躍。周囲の出演者がともすれば暴走してしまいがちなのをまとめる役割を担う一方で、時には「師匠キャラ」やタイ人のマネなどのボケも繰り出し番組内で様々な一面を見せています。
 来週10月4日の『しゃべくり007』は2時間半のスペシャルだそうで、出演者たちの過激なトークに大注目です。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:24012票
投票期間:2010/8/11〜8/25
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません