恋人と思わずケンカをしてしまい、気まずい雰囲気に。仲直りしたいと思いつつもついつい意地を張ってしまったり、逆に気まずい雰囲気を避けるためにすぐに謝ってしまったり…。人によってケンカの時の対応はさまざまですが、恋人とケンカした際、あなたはがとる行動は?

 今回「恋人とケンカ。先に謝るのは?」ランキングで1位になったのは《ケンカの内容による》でした。ケンカの内容や理由を振り返って、自分が悪いなと感じたら謝るタイプの人が多いよう。《100%自分から》謝ってケンカを収める方法もありますが、納得していないのに自分から理不尽に謝ってばかりだとストレスもたまってしまい、良好な関係を築くのに障害が生まれることもありそうですよね。逆に自分が悪いと思ったら素直に謝ることが大切と言えます。続いて、2位には《80%自分から謝る》がランク・イン。全てのケンカで自分が謝るわけではないけれど、謝ってことが収まるならば自分が悪くなくても謝ってしまう、という人もやはり少なくはないのでしょうか。
 3位は《半々くらい》、4位には《100%自分から》と、ランキングを見る限りは比較的自分から謝る人が多いようですが、あなたはケンカした際自分から謝ることができますか? できれば避けたいケンカも、一度起きてしまったら、まずはきちんと話し合い、自分が悪いと思ったら意地を張らずに素直に謝る。それが恋人と長く付き合う秘訣なのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12418票
投票期間:2010/7/23~8/6
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません