女子ならば10代であった中・高校生の頃一度は目を通したことのありそうなファッション雑誌『セブンティーン』。この雑誌の専属モデルたちは「STモ」と呼ばれているそうで、『セブンティーン』卒業後は、別の雑誌に移籍をしてモデルを続けたり、女優の道に進んだり、歌手の道に進んだりと人それぞれ。そこで今回は「好きな『セブンティーン』出身有名人ランキング」を調査したところ、現在ドラマ、CM、雑誌といった多方面で活躍を見せている《北川景子》が第1位に輝きました。

 《北川景子》は、2003年にミスセブンティーンに選ばれ、2006年に卒業をするまでの3年間同誌で活躍していたそう。専属モデルをしながら女優をしていた彼女は2003年に「美少女戦士セーラームーン」でデビューし、卒業後は女優としての道を歩みました。2008年から2010年の3年連続で月9に出演しており、『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』ではヒロイン役を務めるなど大活躍をしています。続く2位にランク・インしたのは、今年6月に俳優の瑛太との結婚を発表した《木村カエラ》でした。《木村カエラ》は2001年にミスセブンティーンに選ばれて専属モデルになったそう。モデル業をしながら現在の本職である歌手活動をしており、『セブンティーン』を卒業する2005年に出した3枚目のシングル曲『リルラ リルハ』が大ブレイクしました。

 今後の活躍に期待をもてそうな「元セブンティーンモデル」がズラリと並んだ今回のランキング。《土屋アンナ》や《宮沢りえ》など、幅広い分野で活躍している有名人も実は「元セブンティーン」だったんだ…と感じた人も多いのではないでしょうか。みなさんが当時憧れていた『セブンティーンモデル』は誰ですか?