「女心と秋の空」などと言いますが、男性の心だって世の女性にとっては随分とわかりにくいもの。何気ない言動で傷ついてしまう意外と繊細な男心に、戸惑いを感じたことのある人も多いのでは。そこで今回は「男の人ってどうしてこうなの!?」と女子が思わず頭を抱えてしまう男子の謎に迫ってみました。

 1位には《付き合うまでは必死だが、付き合ったらあまりかまわなくなる》が、3位には《結婚したらもう終わりだと考えている》がランク・インしており、一度関係が成立すると安心しきってしまう男子の習性が理解できない人が多い様子。これは男性ホルモンの一種で闘争心や縄張り意識を強めるテストステロンと深い関係があるのかも。女性と比べて縄張り意識の強い男性は、一般的に自分のテリトリー内にいる彼女や妻を大事にしようとしますが、やっかいなのはこのテストステロンが分泌されるのは精神が不安定な時期だということ。男性は女性と安定した関係を築き上げてしまうと闘争心が弱まり以前ほどアプローチをしなくなるのだとか。

 以前gooランキングで行った「理解できない男ゴコロランキング」からは、いざ付き合い始めると積極的な愛情表現がなくなり《直接的な言葉で物事を伝えず、行間を読ませようとする》男子に多くの女子が不満を抱いていることがわかります。一方で「理解できない女ゴコロランキング」では《「好き」「愛してる」などの言葉を言わせたがる》女子が男子にとって理解不能だということが判明。求める愛情表現は男女で違うようですが、相手に対する深い愛情があるのは事実のはず。「女心ってわからない」「これだから男の人は」と目くじらを立てるのではなく、相手に歩み寄ろうとする姿勢さえあればお互いの気持ちが少しずつ理解できるようになるかもしれません。