1993年に『POWER OF LOVE』でメジャーデビューを果たして以降次々とヒット曲を発表し、人気を博したモンスターバンドJUDY AND MARY解散後も多くの人々にカラオケで歌われ、音楽番組などの特集で聴く機会も多い彼女たちの楽曲ですが、あなたがお気に入りの一曲はどの曲ですか?

 今回、「JUDY AND MARYの好きなシングル」を調査したところ、最も多かったのが、1996年にリリースされ、アニメ『るろうに剣心』のオープニングテーマとして起用された《そばかす》でした。120万枚の大ヒット作となったこの曲は、意外なことに解散に至るまでの唯一のオリコン1位獲得シングルであり、唯一のミリオンセラーシングルでした。この年の《そばかす》の大ヒットにより、JUDY AND MARYは「第47回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たしています。続いて2位には1997年にリリースされた《くじら12号》が選ばれました。タイトルの12号の意味はサッカーのサポーター番号12に由来しており、日本代表の応援歌の意味が含まれた曲だそうです。そして、3位にはフジテレビ系ドラマ『ニュースの女』の主題歌として使われた《散歩道》がランク・インしました。この曲を作曲したメンバーの五十嵐公太は「こんなすげぇ曲を書けたことに自分が一番驚いている」と、ベストアルバム『FRESH』のライナーノーツで語っています。

 他にもランキングには60万枚以上を売り上げた《Over Drive》や、10枚目のシングル曲《クラシック》が上位にランク・インするなど、数多くの曲がファンに愛され続けているJUDY AND MARY。解散後も精力的に活動を続けるボーカルのYUKIが9月15日に21枚目のシングル『 2人のストーリー』発売するなど、まだまだ我々を魅了し続けてやまない彼女の歌声。これを機にJUDY AND MARYの楽曲を久しぶりに聴いてみてはいかがですか。