恋人ができる前は容姿や性格など相手に求める様々な条件を並べていても、恋に落ちた瞬間から、それらの条件がまったく気にならなくなってしまうものではないでしょうか。そこで「好きになったら気にならなくなる相手の欠点」について聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《部屋が汚い》でした。恋愛感情を持っていない相手ならば幻滅してしまいそうな汚い部屋でも、心底好きな人を目の前にしたら「部屋が汚ければ掃除をすればいいだけ」「私が掃除してあげる」なんて、前向きな捉え方をしてしまうものかもしれません。

 やっぱり人は見た目だけではない!? 2位には《服のセンスがダサい》が入っています。第一印象で好感を持ってもらうためには、身だしなみやファッションセンスは必要不可欠ではありますが、相手の性格や人柄に惚れてしまえば、センスの良し悪しは関係なさそうですね。4位には同率で《面倒くさがり》《束縛したがる》《何かと熱くなる》が入っています。

 「恋は盲目」といいますが、結局のところ好きになってしまえば相手の欠点すら前向きに捉えられるものなのかも。でも恋の魔法が解けてしまわぬうちに、できることならば欠点を直すようにしたいですね。みなさんが思う「好きになったら気にならなくなる相手の欠点」は何位に入っていましたか?