テレビ東京の深夜ドラマ『モテキ』で主演を務める森山未來。恋愛には縁がなかった男がいきなり到来した「モテ期」に右往左往する姿を好演しています。今までも持ち前の演技力で人々を魅了し続けてきた森山ですが、そんな彼の代表作といえば何?

 《世界の中心で、愛をさけぶ》が1位にランク・イン。300万部を超えた大ベストセラーを映画化したこの作品は、社会現象となった「セカチュー」ブームを巻き起こしました。「セカチュー」で高校生時代の朔太郎役を好演し、森山は日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を始めとした数々の賞を獲得。若手実力派俳優としての地位を築き上げました。2位に選ばれたのは2003年に放送されたフジテレビ系ドラマ《WATER BOYS》。水泳部で「男のシンクロ」を再び実現するために奔走する転校生立松憲男を演じ、森山の人気は不動のものになりました。
 映画やドラマでの演技の評価も高い森山ですが、1999年の舞台『ボーイズ・タイム』でデビューを果たした彼の本領は舞台上で発揮されるのかも。今まで数々の舞台を踏んできた森山は、今年の11月に上演される『タンゴ-TANGO-』で人気演出家長塚圭史とタッグを組む予定。5歳から様々なダンスに取り組んでいるという森山未來の、舞台上での迫力に満ちた演技が今から楽しみですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:22680票
投票期間:2010/7/14〜7/21
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません