7月からクドカンこと宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演の連続ドラマ『うぬぼれ刑事』がスタートしました。ヒロインに中島美嘉を迎え、共演には生田斗真をはじめ豪華俳優陣がそろっているそう。長瀬智也とは5年ぶりにタッグを組むクドカンですが、彼の脚本作品の中で印象的な映画は?

 ダントツだったのは、V6の岡田准一主演の《木更津キャッツアイ》でした。2002年にテレビで放送されるや人気を集め、翌年の2003年に映画化されたこの作品。物語のストーリーは、イギリスのガイ・リッチー監督による『Snatch』という映画の影響を強く受けているそう。「やっていることは泥棒なんだけど、結果的に誰も損していないみたいな話」が作りたかったと宮藤官九郎はインタビューで話しています。2位の《舞妓haaaan!!!》は、サラリーマン鬼塚公彦役の阿部サダヲが京都・祇園の舞妓と野球拳をするという夢を追い求めるコメディー映画。ニューヨークやサンフランシスコなど全米でも公開され、この作品で宮藤官九郎は第31回日本アカデミー賞・優秀脚本賞を獲得しています。  脚本以外の活動では、自身がギターとして参加しているバンド「グループ魂」が3年ぶりにシングル『ラブラブエッサイム‘82』を発売。さまざまな活動で注目を浴びている彼から、今後も目が離せませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12502票
投票期間:2010/7/9〜7/16
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません