原作コミックともども国民的な人気を誇るアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』。作品の魅力は数え上げればきりがありませんが、視聴者の気持ちが最高潮に盛り上がるのは、やはり特別な力を持つキャラクター同士が激しくぶつかり合うバトルシーンですよね。

 腕っぷしの強いキャラクターが次から次へと登場する『ONE PIECE』において「最強は誰なのか?」という問題は議論が尽きないところですが、多くの人が「最強」の称号にふさわしいと感じているのは、やはり主人公の《モンキー・D・ルフィ》でした。作中では「青雉(クザン)」や「マゼラン」などの強敵に敗北することもありますが、心折れることなく立ち上がり成長していく姿に「いつかルフィが最強の海賊になってくれる!」と感じているファンが多いのではないでしょうか。

 2位に続いたのは、ルフィの仲間《ロロノア・ゾロ》。両手に持った剣と口にくわえた剣の計3本を駆使して戦う三刀流の剣士です。彼もまた「鷹の目のミホーク」や「バーソロミュー・くま」などの強敵に敗北を喫していますが、どんな強敵と対峙しても後へ引かない勇気、「世界一の剣豪になる」という亡き友との誓いを果たすために日々厳しい修行をこなす意志の強さはルフィにもひけを取りません。

 このほか《シャンクス(赤髪)》や伝説の男《ゴール・D・ロジャー(海賊王)》、《エドワード・ニューゲート(白ひげ)》など、ルフィやゾロを上回る強さを備えたキャラクターが上位に選ばれていますが、「最強」というイメージが薄い《サンジ》や《トニー・トニー・チョッパー》など「麦わらの一味」のメンバーも人気が高いようですね。