出会って間もない女性にアプローチを仕掛けるて引かれてしまった経験のある男性の方もいるのでは。 その理由は、もしかしたら男性の隠れた下心に女の勘が気づいてしまったからかも。世の女性は果たして男性のどんな行動にピンと来るのでしょうか。

 1位は《すぐにボディタッチをしてくる》でした。男性にとってはさり気ないスキンシップでも、親しくない間柄の「タッチ」は女子に警戒されても当然。ランキングを見渡してみると、3位の《家まで送ってくれた時、家の前で「トイレ貸して」と言う》や4位の《「今度ご飯作って」と言ってくる》など、自分のプライベートな空間や生活に立ち入る行動に対しては、「この人下心があるんじゃ……」と身構えてしまう女性が多いようです。これにはパーソナル・スペースの問題が関係あるのかも。パーソナル・スペースとは他人に立ち入られると不快感を覚える距離のこと。女性の場合、親密な間柄だとどんなに踏み込まれても気にならない一方で、あまり親しくない相手だとパーソナル・スペースが極端に広くなり、少しでも踏み込まれると緊張してしまうのが特徴です。このため、付き合っていない男性が少しでもプライベートな部分に立ち入ろうとすると、下心を感じて警戒してしまうのかもしれません。

 そうはいっても、意中の女性には何としてでも近づきたい……そんな男性は下心を嗅ぎ取られないよう、まずは相手のパーソナル・スペースを測る気持ちの余裕を持ちましょう。どこまで踏み込んでも大丈夫なのかじっくりと時間をかけて知っていけば、紳士的なあなたの態度に女性も惹かれるかもしれませんよ。