夏の風物詩のひとつといえば、やっぱり花火大会。そんな花火大会での女性の浴衣姿に、ドキドキしてしまったという経験はありませんか? 「浴衣を着ていると3割り増し」という言葉も聞くほど、浴衣は女性の魅力を高めてくれるファッションアイテム。この浴衣を上手に着こなしている女性芸能人といえば、あなたは誰を思い浮かべますか?

 1位に選ばれたのは《綾瀬はるか》。ファッション雑誌『PS』7月号にカバーガールとして黒の浴衣姿で登場した彼女。透き通るような白い肌と日本美人な顔立ちで浴衣を着こなしていました。最近はドラマの収録現場で共演者が着ている甚平が気になっていて、「涼しそうだから、一度着てみたいな」と狙っているのだとか。放送中のドラマ『ホタルノヒカリ2』で演じる蛍役のイメージならば、甚平姿もバッチリ似合いそうですね。2位の《新垣結衣》は「アサヒ 十六茶」のCMで浴衣姿を披露。風鈴をバックに踊りながら元気に歌う姿はとても爽やかです。黒髪と168cmあるというすらっとした立ち居姿には、浴衣がよく似合います。

 3位には同率で《長澤まさみ》と《宮崎あおい》が選ばれるなど、透明感があり爽やかなイメージの芸能人が上位にランク・インした今回のランキング。イベントで「夏らしさ」を演出したい人は、gooランキングの「夏美人」特集もぜひ参考にしてみてくださいね。