会社や学校での健康診断、お店の試着室、同窓会での友人との久しぶりの再会などで、「自分が太ったのでは?」と感じ、気まずい思いをした経験はありませんか? 多くの人が気まずさを感じた瞬間は、《健康診断で体重計に乗るとき》でした。

 健康診断は他人と体重を比較する場ではなく、あくまでも自分の健康をチェックするもの。ゆえに健康診断で体重の増減がわかるのは自分だけですが、日頃の食べすぎや運動不足の積み重ねにより「太ってしまった」結果を目にすると、一人気まずく感じる人は多いようです。2位は《試着したら、今までのサイズが着られなかったとき》でした。今まで着ることのできたサイズが入らなくなっていて、冷や汗をかいた経験はありませんか? そんな気まずい瞬間を避けるためには、やはり適正な値まで体重を落とすのが一番。夏のこの時期なら、夏野菜のトマトを使った「夜トマトダイエット」がオススメです。3ヶ月間夕食と一緒にトマトを摂取するだけと簡単に行えるこのダイエットは痩せるのに欠かせない「成長ホルモン」を分泌させて「代謝を上げる」ことを目指すダイエット方法。成長ホルモンが分泌されるのは寝ている間なので、分泌に必要なビタミンやミネラルが多く含まれているトマトを夜食べることでダイエット効果が期待できるのだそう。ただし、最低3カ月は続けないと効果は見えにくいのだとか。

 日常で「太った!?」と気付かされる場面は意外と多いよう。あなたが「まずい、太った!?」を経験した瞬間は、ランク・インしていましたか?