梅雨が明け、本格的に夏がやってきましたね。夏祭りや花火、海水浴にバーベキューなどイベントごとも盛りだくさんです。だからこそ、夏は恋の季節。みなさんもイベント会場などで異性を「ナンパ」している人を一度は目にしたことがあるのでは?

 今回「ナンパが上手そう」というイメージ調査で1位だったのは《大阪府》。お笑いで有名な大阪には面白い人の多い印象が強く、関西弁とキレのあるトークで積極的に話を盛り上げてくれそう。2位の《東京》や3位の《神奈川県》のような大都市圏には人が多く集まるレジャースポットも多く、声をかけるのに最適な場所が多いため、ナンパをする機会も多いのでしょうか。

 今回上位に入ったのはあくまでも「ナンパが上手そう」というイメージの強い都道府県で、実際の上手下手は個人の力量次第。ナンパを成功させるコツはいくつかあり、たとえばナンパに最も適した時間は学校帰りや仕事帰りの人々が繁華街や駅前などに溢れている17時〜19時なのだそう。さらに似た雰囲気の異性には好感を持ちやすいので、相手にあった服装をするのもポイント。そしてやはり一番大切なのは「経験」。経験を積むことで会話術や異性を見る目、さらには自分の外観までも変わる…こともあるのだとか。新たな出会いを生み出す積極的な方法のひとつとして、今年の夏はナンパの成功率を高めてみることにチャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。