暑い日が続くと仕事帰りに楽しみなのは、キンキンに冷えた一杯のビール。でも不景気で懐は冷え込むばかり……。そんなときに手に取りやすいのは、新ジャンルと呼ばれる第3・第4のビール発泡酒。低価格が魅力で徐々にシェアを広げつつありますが、あなたの好きな発泡酒や新ジャンルは何でしょうか。

 1位は安定した人気を誇る《麒麟淡麗〈生〉》でした。3位には《のどごし〈生〉》、4位には《淡麗グリーンラベル》がランク・イン。発泡酒や新ジャンルにおいてキリンの人気は高いようですね。価格.comの調査によると、ビールにおいて重視されるのはダントツで「味」なのに対し、発泡酒や新ジャンルでは、まずは「価格」、ついで「味」が重視されるという結果が出ています。発泡酒や新ジャンルは「この味じゃなきゃ嫌だ!」と思って購入する人がビールに比べて少ないため、人気順位の変動も激しく、シェアの奪い合いの激戦区になっている様子。だからこそ重要になってくるのが広告戦略。売り上げに対する広告費の割合もビール各社はかなり高いことで知られており、実際にCMを目にする機会も多いですよね。佐藤浩一が出演する《麒麟淡麗〈生〉》のCMや檀れいの夏らしい爽やかな《金麦》のCMは印象的です。《クリア アサヒ》でトータス松本が歌うオリジナルソングのようにCMで流れる曲が心に残っているという方も多いのでは。不景気でますます発泡酒や新ジャンルに注目が集まる中、印象的なCMで人々の心をしっかりと掴む必要があるのかもしれません。

 これから夏真っ盛り。消費者は低価格でビールが楽しめて嬉しい季節ですが、ビール各社は本格的な戦いを控えて気を引き締めているところかもしれません。夏の一杯をさらに堪能したい人は、輸入ビールやおつまみ情報がつまったgooランキングの「ビール特集」もぜひ参考にしてみてくださいね。