歴史好きな女性を表す「歴女」という言葉も登場し、歴史好きな人が目立っている今日この頃。今回は、「上司にしたい幕末の有名人ランキング」を調査したところ、《坂本龍馬》が2位以下に圧倒的な差をつけて1位にランク・インしました。

 日本の近代化をリードした人物といえばやはりこの人、《坂本龍馬》。NHK大河ドラマ龍馬伝』では黒船来航にゆれる日本を新しい国にしようと必死に動き回り、TBSドラマ『JIN-仁-』では当時日本で大流行してしまった「コロリ」の感染拡大を抑えようと頑張る仁を助けようと政府に働きかけるなど、物語の中での行動力あふれる姿が印象に残っている人も多いのでは。《坂本龍馬》は土佐藩を脱藩後、政治組織と貿易会社を兼ねた「海援隊」を結成し、大政奉還の成立に功績を残した人物。武士でもあり、江戸のビジネスマンでもあった《坂本龍馬》が上司なら、大きな仕事で一緒に成功を収めることができそうだと思った人は多かったようです。2位にランク・インしたのは《勝海舟》でした。《勝海舟》は政府の幕臣達の勉強の場としての「神戸海軍操練所」や、諸藩の者を集めた勉強の場である「神戸海軍塾」を創設した人物。人材の教育のプロである《勝海舟》が上司なら、自分を立派なビジネスパーソンへと鍛え上げてくれそうです。

 歴史上の偉大な人物がずらりと並んだ今回のランキング。ランク・インした幕末の有名人の中で、あなたが部下としてついて行きたいのは誰でしたか?