近頃では男性だけでなく戦国武将に憧れを持つ女性も増えてきたというのは、いまや周知の事実。そこで今回は「萌える戦国時代の武将ランキング」を調査したところ、第1位には戦国時代から安土桃山時代にかけて天下統一を最初に掲げた《織田信長》がランク・インしました。

 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」という有名な言葉は、《織田信長》の性格を言い表したもの。この言葉からは恐ろしい人物像が強調されますが、「桶狭間の戦い」に見られるような戦略家としての明晰(めいせき)な頭脳や冷静な判断力など、人々を魅了するだけの実力があったであろうことは想像に難くありません。厳しくも頼もしい《織田信長》に憧れに近い「萌え」を覚える人が多いのも、うなずける結果ですよね。続く2位にランク・インしたのは奥州の戦国武将といえばこの人、《伊達政宗》。《伊達政宗》は、《織田信長》が築いた中央政権を受け継いだ《豊臣秀吉》に激しく対立していたといわれる武将です。Wikipediaによると、《伊達政宗》は当時の武将としては異例の料理の趣味をもっていたそう。《豊臣秀吉》に対立心をむき出しにしにする一方で、趣味である料理をたしなむといった意外な姿を持つ《伊達政宗》に萌えを感じる人もいたのではないでしょうか。

 戦国時代の武将がたくさん並んだ今回のランキング。あなたが萌えを感じる武将は、何位にランク・インしていましたか?