ワイドショーや週刊誌などでよく目にする「美人すぎる○○」というキャッチコピー。中国で「美人すぎるバス車掌」やウクライナの「美人すぎる首相」が注目を集めたように、美しい容姿を備えた働く女性はやはり何かと話題になることが多いですよね。もちろん、日本でもさまざまな「美人すぎる」女性がメディアに登場していますが、最も人気を集めているのははたして誰なのでしょうか?

 「『美人すぎる』の看板に偽りなし!」と多くの人が選んだのは、「美人すぎる○○」ブームの火付け役となった《藤川優里(美人すぎる市議)》でした。青森県八戸市の市議会議員を務める彼女は、市の広報活動の一環として写真集を発売するほどの美ぼうの持ち主。その人気はアイドルも顔負けで、「ゆりたんの美味しすぎるりんごケーキ」なる関連商品も発売されるほどです。

 続いて人気を集めたのは《宮本笑里(美人すぎるヴァイオリニスト)》。大きな瞳と美しい黒髪が魅力の彼女は、14歳にしてドイツの学生音楽コンクールで1位を獲得するなど、その実力は折り紙付き。アニメ『のだめカンタービレ 巴里編』のエンディングテーマや映画『クヌート』のメインテーマを演奏したり、ニュース番組のカルチャーキャスターを担当したりと、活躍の場が増えています。このほかにも、NHKの番組で放送されたのがきっかけで爆発的な人気を集めた《大向美咲(美人すぎる海女)》や、《涼風花(美人すぎる書道家)》、《中田彩(美人すぎる歯科医)》などが上位にランク・インしています。

 今回ランク・インした女性は皆「美人すぎる○○」として注目を集めているだけに、美ぼうに話題が集中してしまうのはしかたがないところですが、皆さんいずれも本業でしっかりと活躍していることも忘れてはいけません。美しさと実力を兼ね備えた彼女たちの今後の活躍に期待しましょう!