簡単な情報入力作業だけで自宅まであっという間に商品を届けてくれるネットショッピング。価格も店頭で買うより安い場合が多く、日常生活に必要なもののほとんどをネットショッピングで済ませてる、なんて人もいるのではないでしょうか?

 そんなネットショッピングならではの失敗のトップは《送料が高くついた》でした。店頭より安い価格にばかり目が行き、発送元からの送料がいくらかかるのかも確認せずに注文。受け取りの際に送料を聞いてビックリというのはよくある話です。実際には送料無料というショップも多いですが、店頭のように値札=レジで支払う金額とは限らないので送料に関する説明はしっかりチェックしておきたいですね。

 続いて失敗した人が多かったのは、《後からもっと安く売っているサイトを見つけた》。地理的な縛りのある店頭とは違い、ほかの街はおろか都道府県、ときには海外にあるショップまで選択肢に入ってくるネットショッピングでは、最安値のショップを探し当てるのは至難の業。「安い!」と思って購入したら実はもっと安いショップが続々……というのはありがちです。

 ネットショッピングの弱点を最もよく表している失敗は、衣類を買ったときに《実際に着てみたらサイズが合わなかった》や《素材感がイメージと違っていた》、《色がイメージと違っていた》などでしょうか。試着することも生地を触ることもできないネットショッピングでは、こうした問題は避けられないもの。掲載されている写真も撮り方によっても実際の商品とずいぶんイメージが違ってくるので、届いてみるまではわかりません。もちろん、ネットショッピングで購入したものは基本的には返品が可能ですが、返品の手間や再度同じような問題が起きる可能性を考えると、「こんなことなら店頭で買えば良かった」という人がいても不思議ではないですよね。