秋元康のプロデュースによって2005年に登場した女性アイドルグループ「AKB48」。「会いに行けるアイドル」をコンセプトに活躍している彼女たちは、東京・秋葉原の専用劇場でほぼ毎日のように公演を行っています。そんな彼女たちを応援し劇場に通い詰めるファンの間で、ほかの人から見ると何を意味しているのかわからない独特の用語が頻繁に交わされているのをご存じでしょうか?

 普通の人には何を言っているのかわからない最たる用語が、《無限回収》です。これは、メンバーとの握手券やブロマイドなど関連商品を大量購入するという意味で、熱心なファンなどは、同じ握手券を100枚以上購入することもあるのだとか。

 2位に続いたのは《推しメン》でした。これは読んで字のごとく「自分が一推ししているメンバー」という意味です。もともとアイドルグループのファンの間では自分が誰を好きなのかということがよく話題に上るものですが、メンバーが総勢48名(変動有り)と多いAKB48では誰が《推しメン》なのかは同好の士を探す際に重要なポイントとなるそう。この《推しメン》に似た用語として《推し変》がありますが、こちらは「一推しのメンバーを変える」という意味なのだとか。

 このほかにも劇場の下手側花道前の立ち見スペースを指す《墓地》や、公演でメンバーの真正面に位置する《0ズレ》などユニークなファン用語がランク・インしていますが、極めつけは劇場支配人の名前を省略した《tgsk》でしょうか。さすがにこればかりはファン以外誰にもわからないですよね。