“トットちゃん”の愛称で親しまれている黒柳徹子さん。その活躍ぶりはテレビだけにとどまらず、多方面でもマルチな才能を発揮されています。そこで彼女のすごいところについて聞いてみました。

 最も支持を集めたのは《徹子の部屋が30年以上も続いている》でした。黒柳徹子さんが司会を務めるテレビ番組『徹子の部屋』は、2010年2月で放送35年目に突入した長寿番組。記念すべき第1回目のゲストは故森繁久彌氏ときくだけで、番組の歴史を伺い知ることができます。若手のお笑い芸人が登場する度にネタの披露を求めることが多く、雨上がり決死隊のトーク番組『アメトーーク!』では「徹子の部屋芸人」としてその様子が再現されて話題となりました。

 続いて2位には《日本初のテレビタレントにして、50年以上にわたりテレビ番組のレギュラーを継続して持ち続けている唯一のタレント》がランク・イン。劇団を経て女優としてデビューを果たした後、司会や声優などマルチタレントとしてテレビに出演し続けています。特に5位《1984年3月14日放送のフジテレビ系列『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に出演し“43分間しゃべり続ける”という伝説を残した》は、前代未聞のエピソードではないでしょうか。43分間という長時間をしかも生放送でやってのけてしまうのは彼女ならではと言えそうです。

 活躍の場はテレビ出演にとどまりません。7位《ユニセフの親善大使》としての活動も広く知られており、社会貢献も積極的にされています。さらに『窓ぎわのトットちゃん』が《戦後最大のベストセラーの著者》となるなど、エッセイストとしても偉業を成し遂げています。マルチな才能を発揮するかたわら、おちゃめなキャラクターで人々を惹きつけて離さない黒柳徹子さん。みなさんがすごい!と思ったことは何位にランク・インしていましたか?